2010年07月24日(土)

地獄坂 小樽の女(ひと)と 夏にごり・・・冷酒一句

今日も暑かったでござるね、汗噴出。。
こんな日はさっさとシャワーを浴びて、風呂上がりに熱燗を飲みたい!>天照さんおかしい

どこまでも安酒の熱燗が好きな天照ですが(照)、
先日、庵のお姉たまからひんやり美味しいお酒をいただいたのです~☆

ドラマティックな街、小樽の香りに酔う

ちょこっと天照の元気がなかったもので(不摂生するからでござるよ・・)、
心配してくださったのか、お姉たまから贈りものが届いたのでございます。

中を開けてみると日本酒が3本!
おおぅ、良薬でござりまするね、お姉たまー :heart: :heart:
酒は天照の霊薬なり。これで不老不死並みにギンギンになりましょうな☆

 

外箱も中身も激しい酒、「地獄坂」

外箱を見てビックリ、中を開けてさらにビックリ!
ものすごくインパクトのある日本酒、「地獄坂」。天照はひと目ぼれしてしまいましたっ☆

真っ赤なパッケージに地獄坂の文字、瓶のデザインもすごくて、
まさに地獄の飲み物か・・それとも一発で死者も覚醒しそうな強壮酒か・・
というほどの激しさでござります。実物はもっとすごい雰囲気!

でも細身のタイトなパッケージ&瓶なので、洗練されててお洒落な感じです :heart3:
このセンスが心憎いっ☆

 

瓶を寝かせて撮ってみました☆

しかしなんでまた「地獄坂」??と思ったら、
地獄坂という実在する坂があるのですね。ハードプレイな坂っぽい :oops:

作家の山村美紗さんの小説に小樽地獄坂の殺人 (講談社文庫)というのがあるのを発見しました。
本の帯には「連続殺人が告げる、せつない愛の悲劇」と書かれてありましたです(by Amazon)
う、ううむ・・海洋サスペンス劇場のフレーズに使いたかったでござる!(笑)
 

外箱にこんな文章が書かれてありました☆

夏は灼熱の照り返し、冬は厳寒の吹雪が吹き付ける。
その斜面の苛烈さから名がついたという「小樽地獄坂」。
その名にちなみ辛口で、しっかりとした味わいのお酒です。

お、おおお、激しい坂なのでござるね。買い物袋が破けてオレンジを落としたりしたら、
収拾が付かないことになりそうでござる・・>ドラマでよくある風景

味はたしかに辛口でした!強い味!
でもいつも飲んでるような安酒とちがって(照)、品のある辛口でござりました☆

この「地獄坂」は、小樽限定販売なのだそうな。
オンライン販売や通販はしてないらしいです。何本か購入したかったのでござるが(残念)。。
一期一会の銘酒との出会いに感謝☆

 

天照が惚れたドラマティックで色っぽい酒、「小樽の女(ひと)」

「小樽の女(ひと)」について語るのはむずかしい。。
さらりと説明できないほど、魅力的な酒だったのでござる。。 (もう飲み終わったから過去形。照)

惚れてしまうと言葉にならないものでござるね・・orz
なんというか、ドラマティックでロマンティックで、とても色っぽい酒だったのです。
「小樽の女(ひと)」という酒名も色っぽい。

小樽の街、男と女、夜と酒、出逢いと別れ・・・
天照の大好きな昭和の良き時代な感じといいましょうか、演歌やブルースの雰囲気といいましょうか。
この酒の香りに大人の世界を感じまくったのでございます。

 

外箱も素敵でございました☆

飲み口はというと、これがまた色っぽい。
小粋でまろやかで、しっとりとしていて。まさに小樽の女を思わせまする☆

天照は昭和の女優さんや旅館の女将、クラブの着物ママみたいなお姉たまが
好きなのでござりまするが、そういうしっとりとした魅惑的な女性像を思い描きました。
 

もう少しイメージを進めると、小樽のとあるクラブのママが愛人で、
出張で小樽に行くたび、そのクラブに足を運ぶ。そして愛を交わす。
そんな関係がもう何年も続いている。

地元のクラブのカウンターでひとり飲みながら、
小樽の街にいる愛人を思う。
グラスの溶けかけた氷が揺れ、カランと音を立てた-。

小樽の女(ひと)・完
 

うん、こんな感じ☆(・∀・) 分かるかっ。
とにかく色っぽい大人の酒でござりました☆
この酒を飲んでから、大人の恋がしたくなりましたです。うへへ :oops:

 

 

まだ手をつけていないとっておきの酒、男山「凉のみなも」夏にごり

三本目の霊薬は男山!にごり酒バージョン!!
男山といえば、日本が誇る銘酒の中の銘酒!これは心して味合わせていただかねばっ。

しかも、「夏にごり」と書かれてあるから、夏限定商品でござろうか?
ちょっとこれは落ち着いて飲みたいでござる。

精神統一後、静かに正座し、
切腹前の武士のように厳粛な姿勢で、神聖なる初飲みの儀式にあたりたい。>謎

落ち着いてゆっくり飲めるタイミングがまだ訪れておりませんで、
手を付けておらぬのです。。 毎日ものすごい誘惑に惑わされまくっております。。
しかしきっと時は来る!焦ってはならぬ、何事も・・(貧乏ゆすりガクガク)
 
 

お土産に贈るときっと喜ばれる☆

「地獄坂」も「小樽の女(ひと)」も、とても魅力的な酒でございました☆
小樽に旅行する機会があったら、ガッツリまとめ買いしたい :heart:
お土産に買っても喜ばれそうでござるっ♪

「地獄坂」の方は酒好きの心を揺さぶりまくってくれて、
「小樽の女(ひと)」は、男性に喜ばれそうな気がします。
でも口当たりが柔らかいので、飲み口は女性にも好まれそうっス☆
どちらもお土産におすすめしたい酒でござりました☆
 

霊薬を届けてくださったお姉たま、どうもありがとうございました!
本当に美味しい酒でございましたです~っ :heart3:

小樽に行った際には、お姉たまのところへ足を運び、
地元に帰ってきた後、クラブのカウンターで氷をカランと鳴らしたいと思いますっ☆ :cat2:
とっておきの1本も心していただきます!(謝謝合掌)

2 Comments

  • 小樽にも酒蔵がありますね☆
    小樽といえば…多分あのお姉様ですね?(笑)

    うぉぉ!バーのカウンターでグラスの氷をカラン…ですかっ(萌♪)
    また不倫疑惑がっ!(爆)

    空は辛口の日本酒が大好きです☆(←飲めないくせに)
    全国のお酒を持ち寄って飲み放題庵ミしたい♪(笑

  • >空@ケータイさん

    むおお?小樽に酒蔵(酒造メーカー??)が☆
    えぇえぇ、あのお姉たまです~♪
    官能的な××も送ってくださってドキドキしました :oops:

    また不倫疑惑・・・・ああ、ほんとだ!(爆)
    どこまでも不倫がつきまといまするね! :heart3:

    辛口の日本酒がお好きでござりましたか☆
    空さん、ほとんどの酒が飲めるのでしたね。そしてお酒好きでしたな♪
    2~3口飲んだら昏睡状態になるだけで☆(爆)

    地酒庵ミやりたいです~っ :runrun: :runrun:

INFORMATION

「天照庵のきもち。」は新しい場所に移動しました。これまで支えてくださった皆さま、本当にありがとうございます。新ブログもどうぞよろしくお願いいたします☆(-人-)

▼【新ブログ】こちらに移動しました
http://anblog.amaterasuan.com/

2009年12月13日開設:

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!   JET UNION(ジェット同盟)

Jet Li Fansite 天照庵

WE LOVE JAPAN!
んがちゃんさんが作ってくださりました☆

がんばろう日本!応援トピック 「WE LOVE JAPAN!」
▲がんばろう日本!応援トピックはこちら